須浪亨商店について

 

いぐさのかご

古くに、全国的ない草の産地として知られた倉敷市茶屋町。
そこでいぐさのかご「いかご」を今でも1つ1つ、手作業にこだわって作っています。

いかごは、元々「闇かご」と呼ばれており、昭和20年~40年頃にかけてごく普通に
買い物かごとして使用されていたものです。

IMG_5399
[昭和30年頃 当時、実際に買い物かごとして使用されていたもの]

 

製作過程2縮小 製作過程縮小

いかご作りの様子、い縄(いぐさの縄)を大型の機折り機に1本づつ掛けていき、生地状に
織っていきます。生地状にしたものを、両端をかがり、編んでかごの形に組み立てます。

サイズ比較A縮小 いかご丸手小縮小3
[完成したいかご 小 中 大サイズ]

できあがったいかごはとても丈夫で、いぐさのいい香りを醸し出してくれます。
何年も使用するにつれ、い草の緑色は、味わい深い茶色へと経年変化していきます。